電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 私と西部警察

<<   作成日時 : 2009/10/25 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

私が一番好きな刑事ドラマは「西部警察」です。今も色々な刑事ドラマを見ますが、西部警察が一番好きです。

勧善懲悪のストーリー、大規模な爆発、カーチェイス、激走するスーパーマシン等今までの刑事ドラマの常識を超えたその内容に視聴者は釘付けになり、視聴率も常に20%台を維持していた刑事ドラマです。
特に全国縦断ロケは大いに盛り上がり、昭和を代表する刑事ドラマの一つとして今も人々の心の中に残っていると思います。

そんな西部警察ですが、劇中に登場したスーパーマシンのプラモデルも青島文化教材社から販売されています。私はガンプラの他に西部警察のプラモデルも収集していて、スーパーZからサファリまで一通りありますが、一番好きなスーパーマシンは冒頭のスーパーZでしょう。

このスーパーZは渡哲也演じる大門団長専用の車で西部警察PART−2の第15話から登場しました。フルオートガルウイング、催涙弾発射装置、オート弾幕発車装置等が搭載されていて大門軍団の戦力として大いに活躍しました。プラモデルも劇中のスーパーZを忠実に再現されており、ガルウイングの開閉は勿論の事、車内までほとんど劇中のまま、劇中通りの仕上がりになっています。

画像


スーパーZが登場するまではこのマシンXが主に大門団長専用の車両でした。PART−1の第45話から登場し、PART−2の第14話まで活躍した後、PART-3の第47話で犯人の手によって盗まれて無線操縦出来るように改造され、爆発するという悲劇に見舞われます。
車内にはコンピューターや赤外線カメラ、レーダー、サーチライトまで搭載され、科学的な捜査活動に抜群の威力を発揮しました。
当然の事ながらプラモの方もマシンXの細かい所まで再現されています。

現在はスーパーZ、マシンX、RS-1、RS-2、サファリを完成させています。まだ未完成なのはRS-3とガゼールで、今現在はRS-3を制作中です。作る時間が今の所余り無いのですが、是非全車両を完成させたいと思っています。

尚、西部警察はCSのファミリー劇場で毎週土曜日の夜20時ら22時まで2話連続でPART-1が放送中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!はじめまして。
私も西部警察の車両、特にスカイラインシリーズが好きです。マシンXの登場当時は、カルチャーショックを受けました。でも時代と共に後に追いやられ、最後は爆破されてしまったのは残念に思いました。あれだけのメカを装備されていたにもかかわらず、劇中ではあまり使われることはなかったようですね。
RS(のちの3)、RS1、マシンXとプラモも持っていますが、いつ作るかは未定のままです。
最後に西部警察のツッコミですが、大門団長ショットガンを撃った時、最初の一発目は薬きょうが出ますが、その後はぜんぜん出ないのはおかしすぎますよね。(電気鉄砲だから仕方ないけど・・)
フリーダム
2009/10/25 18:32
フリーダムさん、はじめまして。
コメント有難うございます。
ショットガンの薬きょうの件ですが、確かに私も見ていておかしすぎだと思いました。
他にも何話か忘れましたけど、車で逃走しているのにわざわざ方向指示器を点滅させている犯人とか、爆破装置を仕掛けた場所が川崎球場なのに映像では後楽園球場になっていたりと明らかにおかしいとツッコミを入れたくなる所が沢山あります。
西部警察のプラモデルを作る時ですが、劇中の車両にどれだけ近づけられるかいつも悪戦苦闘しております。特にシールを貼る時は失敗すると大変な事になるので、注意を払って慎重に作業をしています。
しかし、苦労をして完成させたプラモデルを眺めると、本当に作って良かったなぁと思います。
これからも良い作品が出来る様、お互いに頑張って行きましょう。
電光石火の申し子
2009/10/25 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
私と西部警察 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる