電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島体験談第3回「平和について考える(後編)」

<<   作成日時 : 2009/11/01 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
5日振りの体験談です。平和記念公園内にある広島平和記念資料館を訪れた私は、入場料を払って資料館に入りました。

国内外から多くの方々が訪れる平和記念資料館は、核兵器廃絶と世界恒久平和を訴える施設として記念公園内の中心部に建てられました。

東館と西館に分かれていて、東館では広島の歩みをパネルや映像等で紹介、西館では人々の遺品、当時の惨状が紹介されていました。

資料館に展示されている様々な展示物を見てみると、戦争がいかに悲惨なものだったのかが伝わって来るのが分かりました。
沢山の方々が来訪されました。家族連れの方々もいらっしゃいました。戦争の悲惨さを家族に語っていた方もいらっしゃいました。その光景を見ていると本当に胸を打ちます。

昭和20年8月6日午前8時15分、広島で一体何が起こったのか?授業で勉強して感じた事以上に戦争の悲惨さ、恐ろしさを資料館を訪れて感じましたし、平和の事について色々と考えさせられました。
自分達が平和の為に何をするべきなのか、その答えが見つかると思います。

次回の広島体験談は広島市街地の模様をお送りします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わしも修学旅行で広島訪れて
たことあるんですわ。
資料館の中ほどで、あまりにも悲惨すぎて
展示物を見ることができなくなり最後は
前だけを見つめて出口に向かったの思い出し
ました。
被爆された方のために、絶対この悲惨さを
語り継いで行かないとあかんとわしは思う
んです。そやのに最近の戦争のドラマは
悲惨さより恋愛に走ってる気がしてならん。
戦争を甘く思う世代が出てくる気がして
残念でなりません
眠れる獅子
2009/11/01 14:11
眠れる獅子さん、こんにちわ。
コメント有難うございます。
資料館の展示物を見ていると本当に戦争の悲惨さが伝わって来ます。この日も沢山の方々が訪れましたが、中には涙ながらに戦争の事を孫に語っていた年輩の女性の方もいらっしゃいました。
眠れる獅子さんがおっしゃられる通り、戦争の悲惨さを語り継いで行かなければいけないと思います。
最近の戦争のドラマは本当に悲惨さが伝わっていないうえに、戦争のドラマ自体少なくなって来ています。
戦争を甘く思う世代を出さない為にも、自分達が次の世代の人間に真剣に伝えなければいけないと思います。
電光石火の申し子
2009/11/01 16:00
こんばんは。
私も、高校の修学旅行と2年前に訪れました。
資料館の入場料が150円という事で、『えっ!』と驚きました。それだけ平和への訴えというものが強いんだなぁ〜と感じました。被爆時、影がうっつた石とか時代の流れでしょうか、高校の時に見たときよりも薄くなっていました。模型で被爆前、被爆後を見るといかに原爆の凄さがわかりましたし、すご〜く悲しい気持ちにもなりました。
外国人の方も多く来ていました。なかには、あまりにも悲惨さで失神して救急車で運ばれている若い外人さんがいました。
平和公園から見える原爆ドームも長い間の風雨にさらされ朽ちてきているのも、なんとか良い保存方法はないものかとも感じます。
空を仰ぐと、1945年8月6日午前8時15分この上空で一発の爆弾の爆発が、一瞬にして人々の命や財産を奪ったと思うと何ともやるせない気持ちになります。
二度とこのような悲劇が起こらないことを祈りたいです。
フリーダム
2009/11/01 21:11
フリーダムさん、こんばんわ。
コメント有難うございます。
資料館に展示されている数々の展示物を見ていると、本当に戦争の悲惨さや恐ろしさを物語っているのが伝わります。中には目を覆いたくなる展示物も展示されていましたが、訪れた方々は真剣な眼差しで展示物を見ていました。
資料館を訪れて戦争の悲惨さを感じましたが、この記事に関して寄せられたコメントを見ていたらより一層平和への思いを強く感じました。
今の自分達に出来る事は戦争の悲惨さ、恐ろしさ、平和への思いを周囲の人々と次の世代の人々に語り継ぐ事だと思います。
世界に平和が訪れる日が一日でも早く来る事を願いたいです。
電光石火の申し子
2009/11/01 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
広島体験談第3回「平和について考える(後編)」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる