電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島体験談第6回「宮島編」

<<   作成日時 : 2009/11/07 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
広電に乗ること約50分、ようやく宮島口駅に辿り着いた私は、フェリーに乗って宮島に向かうのでした。
そこから約10分間のちょっとした船旅をして待ちに待ってた宮島に着きました。

画像

フェリーから降りて厳島神社に行こうとした所、沢山の鹿達の歓迎を受けました。観光客の方々も喜んでいました。
鹿達のいる道を通りながら厳島神社に向かってひたすら進みます。
世界遺産に登録されている島、そして神社。距離が段々近付くのと同時に胸の鼓動が高まって行く感じです。

宮島は宮城県の松島、京都府の天橋立とともに日本三景のひとつと言われていて、神の島とも言われています。

画像

ようやく厳島神社に辿り着いた私は、早速携帯で写真を撮りながらその独特の風景を満喫しました。
ガイドブックには海を敷地とする構想は、一説によると竜宮城を現世に再現したとも言われているとありましたが、まさしくその通りだと思います。
私が行った時は潮が引いていたので、海面がもう少し高かったらより一層竜宮城の様に感じたと思います。
でも、大鳥居の近くまで行く事が出来ました。

画像

画像

大鳥居はさすがに大きいですね。自然木で造られた大鳥居。満潮時にはその大鳥居を始め、本社や回廊付近にも海水が到達し、社殿が海に浮かぶ様に見えるみたいです。
今度宮島を訪れる機会があったら、今度は是非その風景を見てみたいです。

厳島神社を後にした私は、しばらく付近を歩きました。沢山の店が並んでいて、私も何軒か寄せて頂きました。紅葉饅頭、牡蠣やみかん味のソフトクリーム等どれも美味しいものばかりでした。

宮島の美味しい食べ物を満喫して、フェリー乗り場でフェリーに乗って宮島を後にしました。今回は訪れたのが夕方という事もあって厳島神社を訪れましたが、今度は宮島の他の観光地も行きたいと思います。

次回の広島体験談は最終回「広島を訪れて」と題しまして、追悼平和祈念館での出来事と広島を旅行した感想をお送りします。

最後に宮島へのアクセスを掲載します。

〈電車〉
広島電鉄:広電広島駅から広電宮島口駅まで1時間。桟橋まではすぐ。
(私は紙屋町から乗ったので約50分くらいです)
JR:広島駅から山陽本線で宮島口駅まで快速で23分、普通で26分。桟橋まで徒歩3分。
〈車〉
広島市内から国道2号・西広島バイパスを利用し、宮島口桟橋まで30分。

桟橋からフェリーに乗り、宮島桟橋まで10分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
宮島は、引き潮の時だったようですね。私が訪れた時は満潮時で、大鳥居は海の中でした。厳島神社の社殿から海の中の大鳥居を見る景色はすばらしいものでした。たしか高校の修学旅行の時は引き潮時で、大鳥居まで行く事ができましたが私は行きませんでした。
どちらかと言うと、海の中に立つ大鳥居や厳島神社神殿の方が幻想的で好きですね。
最後に、目的地までのアクセス方法、時間の他に料金も入れてもらえれば、これから訪れようとする方への目安となって良いと思います。
フリーダム
2009/11/08 15:42
フリーダムさん、こんばんわ。
コメント有難うございます。
私が訪れた時は潮が引いていたのでその幻想的な風景は見る事は出来ませんでしたが、大鳥居まで行く事が出来ました。近くで見ると本当に大きくて、また違った魅力を感じます。
今度は是非満潮時の厳島神社の風景を満喫したいです。
あと、アクセスの料金の件ですが、先ほど掲載した番外編で掲載しました。
前回に引き続き貴重なご意見誠に有難うございます。
電光石火の申し子
2009/11/08 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
広島体験談第6回「宮島編」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる