電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島体験談最終回「広島を訪れて」

<<   作成日時 : 2009/11/08 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
世界遺産の島、宮島。その神秘的な島の魅力に私を含め多くの方々は感動したと思います。

宮島を後にし、八丁堀で夕飯を食べた私は公共の宿に戻りゆっくり過ごしました。
最終日の翌朝、私は宿をチェックアウトし平和記念公園内にある国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に行きました。(※写真はこれから行かれる方々の為にあえて公開しませんので、ご了承下さい)

平和祈念館は永遠の平和を祈念する為、原爆の悲劇を全世界に知らせ、その体験を次の世代に継承する為に建てられました。

地上部は平和祈念館の設置理念を銘文として掲げ、モニュメントが設置されています。
モニュメントは、原爆の投下時刻である8時15分を表しています。この時刻は人々にとって永遠に忘れてはいけない時刻です。

中に入って地下1階に降りると、情報展示コーナーや体験記閲覧室があり、検索装置で体験記や資料を閲覧出来ます。関連する遺品も展示されていました。

地下1階から2階までの通路は、追悼空間スロープになっていて、スロープの途中には原爆投下までの経緯や被害の概要についての説明がありました。
経緯や説明を見ながら地下2階に降りると、平和祈念・死没者追悼空間がありました。
被害当時の町並みをパノラマで表現されていました。当時がどれだけ悲惨だったのか物語っています。
パンフレットにはこの空間は死没者を静かに追悼し、平和について考える場所と記されていますが、平和記念資料館を訪れた時に感じた事とは違った意味で平和について考えさせられました。

あと、地下2階には遺影コーナーもあり、氏名と遺影を公開していました。
上に上がって、しばらく閲覧室で戦争に関する漫画を読んでいました。平和記念資料館、平和祈念館を訪れて数々の展示物や体験記を見ていると、体験談でも何度も申しましたが、本当に胸を打ちますし、戦争の悲惨さを感じたます。
平和記念資料館と平和祈念館はやはり自分の目にしっかりと焼き付けた方がいいと思います。

平和祈念館を出た私は、紙屋町のデパートに寄ってにしき堂の紅葉饅頭をお土産に購入しました。昼食を済ませて、広島駅に到着して新幹線に乗って帰りました。

広島体験談も今回で最終回になりました。3年前の初めての一人旅でしたが、様々な出来事がありました。
平和記念公園、原爆ドーム、平和記念資料館を訪れて、戦争の悲惨さと恐ろしさを感じました。資料館では目を覆いたくなる様な展示物もありましたし、涙ながらに戦争の事を語っていた方もいらっしゃいました。
また、記事に関して寄せられたコメントも読ませて頂きましたが、コメントに目を通していると、益々平和への願いが強くなってきました。
先程も申しましたが、平和祈念館では平和記念資料館を訪れた時とは違った意味で平和について考えさせられました。追悼空間に行くとほんの一瞬、時が止まった様な気がしました。
二度とこの様な悲劇が起こらない様にして行きたいです。

広島城も、一度は全壊してしまいましたが、現在は復興され、広島のシンボルの一つとしてこれからも親しまれるでしょう。

画像

宮島。世界遺産に登録されているこの島は本当に何から何まで素晴らしい島でした。
特に厳島神社は、神秘的な神社で誰も見た事のないその風景は忘れられないでしょう。
この日はスケジュールの都合により、厳島神社だけ訪れましたが、今度宮島を訪れる時は他の観光地を訪れたいと思います。
あと、厳島神社の水面に映る風景も一度見てみたいですね。

画像

広島を訪れて本当に良かった思います。体験談を語ってくれた会社の先輩や、広島の方々には本当に感謝したいです。
いずれ私も、広島の事で誰かに語る時が来るだろう。その時は一部始終語ろうと思います。

今度は長崎に行こうと思います。それは冬になるのか、来年の秋になるのか、GWになるのか今の所分かりませんが、絶対に行こうと思います。

今度の旅行体験談はいつになるか分かりませんが、機会があればまたブログに綴ります。最後までお付き合いして下さいまして、誠にありがとうございました。

〈国立広島原爆死没者追悼平和祈念館〉
広島電鉄:原爆ドーム前下車徒歩南へ5分
広島バス:吉島方面行で「本通り」下車徒歩8分、「平和記念公園」下車すぐ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
広島旅行体験談の執筆お疲れ様でした。
あと、呉市の大和ミュージアムの記事があれば良かったと思いました。戦争の犠牲となった広島市民の他、無意味な戦艦大和他軽巡1、駆逐艦10からなる沖縄への連合艦隊最後の水上特攻。と民間側、軍人側からの戦争への想いがつづられると思います。電光石火さんが訪れた時には、もう大和のロケセットは無くなっていたときですね。たしか2006年5月の連休まで公開されていたと思います。実物の2/3ほどのセットでしたが、こんなデカイ船が戦争に使われ多くの将兵と共に沈んでいったかと思うと、いたたまれなくなりました。広島県は、造船産業と人類初の被爆都市であると共に、神々が宿るといった伝説の宮島とアンバランスな経歴をもつ県だと思います。ただ残念なのは、天然温泉が無い事だけですよね。
フリーダム
2009/11/08 16:11
フリーダムさん、こんばんわ。
再度コメント有難うございます。
呉市の大和ミュージアムは今回訪れる事が出来ませんでしたが、今度広島を訪れた時は大和ミュージアムも訪れようと思います。
フリーダムさんがおっしゃられた通り、広島県はアンバランスな経歴を持つ県だと私も思います。あと天然温泉ですが、ガイドブックにも天然温泉の事は掲載されていなかったですし、天然温泉の文字も無かったので、少し残念ではありますが、もし出来上がれば広島は素晴らしい街になると思います。
それから、先ほど番外編を掲載しましたが、大和ミュージアムの案内も簡易ではありますが、インターネットで調べてブログに掲載させて頂きました。もし、間違っている所がありましたら修正致します。
今度は長崎に行こうと考えています。その時は広島を訪れた時とはまた違う意味で平和について考えていると思います。
今度の体験談はいつになるか分かりませんが、楽しみにさせる様な体験談にして行こうと思いますので、これからも宜しくお願い致します。
電光石火の申し子
2009/11/08 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
広島体験談最終回「広島を訪れて」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる