電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本体験談第4回「はかり資料館と時計博物館」

<<   作成日時 : 2010/06/29 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今回は松本市はかり資料館と時計博物館の模様をお送りします。
旧開智学校を後にした私は、松本市内でソフトクリームを食べて歩いていました。
市内を歩いてたどり着いた所は1枚目の写真の松本市はかり資料館でした。

この日は前回も申しましたが、博物館の日で無料で入場出来ました。はかり資料館もこの日は無料でした。
はかり資料館は明治35年創業の竹内度量衡店が前身という蔵造りの資料館です。江戸時代のはかりを始め、ローマはかりや明治中期以降の木製棒はかり等、はかりが約1200点が揃っています。

見てみると珍しいはかりが沢山ありました。小学生の時に使っていたはかりも展示されていました。館内では色々なはかりを見る事が出来ます。
このはかり資料館はを訪れたのは3年前で、現在は今年の4月にリニューアルオープンしています。

画像

画像

はかり資料館を後にした私は、千歳橋を渡りました。2枚目の写真は千歳橋のガマ侍です。そして、3枚目の写真が千歳橋です。大きな橋でした。

画像

千歳橋を渡って4枚目の写真の時計博物館を訪れました。時計博物館もこの日は無料でした。
昭和49年、古時計の研究者であり技術者でもあった本田新蔵氏が収集した古時計コレクションを松本市へ寄贈されたそうです。
以来、本田氏のコレクションは松本市立博物館を代表するコレクションの一つとして人気を集めていたみたいです。市民から寄贈された時計もコレクションに加わり、充実になった事から時計博物館が開館されました。

博物館に展示されている時計は殆どが動いています。昔の時計が沢山展示されていましたが、殆どが動いていました。どれも魅力的な時計ばかりでした。一度訪れたら時間という世界に魅了されます。

画像

時計博物館を後にした私は、再び松本市内を歩いていました。5枚目の写真は浄林寺という所です。この付近には昭和30年代の建物が沢山並んでいました。まるでタイムスリップしたみたいでした。やはり松本を訪れて 良かったです。松本市内を歩いてホテルにたどり着いたら、夕食に馬刺を食べました。初めて食べましたが、美味しかったです。

翌日、私は旧制高等学校記念館を訪れるのです。

この模様は次回で。

<はかり資料館と時計博物館の交通アクセスと料金案内>
○松本市はかり資料館
高校生以上200円、中学生以下無料
利用時間:9:00〜16:30
月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
JR:篠ノ井線松本駅から北東へ徒歩10分

○時計博物館
個人:大人300円、小中学生150円
団体:大人250円、小中学生100円
利用時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)、年末年始(12月29日〜1月3日まで)
JR:篠ノ井線松本駅から北東へ徒歩10分
バス:松本駅からタウンスニーカー東コース「時計博物館前」下車北へ徒歩1分

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
松本体験談第4回「はかり資料館と時計博物館」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる