電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡の旅第10回「登呂遺跡」

<<   作成日時 : 2010/10/08 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

清水駅から電車に乗って再び静岡駅に戻った私は、次の目的地である登呂遺跡に行きました。

静岡駅から本来は2.6kmをバスに乗って行かなければいけないのですが、私は敢えて歩いて行く事にしました。というのも私は週末にジムに通っているのですが、この日は週末だったのでジムに行けない代わりにウォーキングを兼ねて行く事にしました。

画像

歩く事30分、ようやく登呂遺跡に着きました。高床式倉庫と竪穴式住居が沢山並んでいます。これを見ていたら去年名古屋旅行の時に訪れた野外民族博物館リトルワールドを思い出しました。

登呂遺跡は弥生時代の稲作が最初に発見された農耕集落の遺跡として知られています。ここは公園にもなっていて沢山の人達が遊んでいました。

画像

画像

高床式倉庫。ご覧の通り床が高いですね。

画像

竪穴式住居です。弥生時代の住居のほとんどはこの方式だったみたいです。

画像

画像

竪穴式住居は勿論中に入る事が出来ます。弥生時代の生活を覗いているみたいですね。

画像

もっと中に入ってみましょう。こんな感じです。当たり前の事ですが、電気は通っていません。しかし、この時代の人々は全て自分の手で火おこしとかしていたのです。

画像

登呂遺跡の中には芹沢美術館があります。入場料は410円です。訪れようと思ったのですが、この時の時刻が16時過ぎでもう閉館時間が迫って来ていて余裕がありませんでした。あとこの日は新しくなった登呂博物館の初お披露目が行われていたみたいです。(登呂博物館は10月3日にオープンしました)

画像

弥生時代の生活を知り、みんなの公園として親しまれている登呂遺跡。人々の遊ぶ姿は本当にほのぼのでした。そして、登呂遺跡を後にして私は再び静岡駅に歩いてホテルに帰りました。

こうして2日目も無事に終える事が出来ました。日本平、久能山東照宮、清水、三保の松原、登呂遺跡とこの日だけで5ヶ所も訪れました。今までの旅行の中で一番ハードなスケジュールでホテルに着いた時にはもうヘトヘトでした。しかし、無事に帰る事が出来て良かったです。


次回は最終日の模様をお送りいたします。


<登呂遺跡の御案内>
JR静岡駅からバスに乗って「登呂遺跡」バス停すぐ、約20分(値段の方はバスに乗っていなかったので分かりません)
入場料は無料です。

○登呂博物館
開館時間:9:00〜16:30
休館日:月曜日、振り替え休日の翌日、年末年始
入場料:大人200円、回数券(5回綴り900円)、団体30名以上は150円

○芹沢美術館
開館時間は登呂博物館と同じ
休館日:月曜日、振り替え休日の翌日、展示替期間中(年3回)
入場料:大人410円、学生(大学生・高校生)250円、中学生以下は無料

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、お疲れさまです。
私は、登呂遺跡は行った事はありませんが、記事を拝見する限り今風になってしまっているように感じます。周辺に現代の建物があるからかもしれませんね。
日本平から登呂遺跡までお疲れ様でした。
ひとり旅で食事とか寂しくないですか?私はこの年になってもお子ちゃなもんで、ひとりで食事は苦手なんです。(笑)
フリーダム
2010/10/08 23:12
フリーダムさん、こんにちわ。
一人旅は食事とかは確かに寂しいですが、好きな時間に好きな所を旅が出来るメリットもあるので、私の場合は楽しさが9割で1割が寂しさと言った割合です。
友人とは昔に日帰りで行ったりしましたが、今はスケジュールがなかなか合わなかったりするので、友人やパートナー(まだいませんが)といつか行けたらと思います。
電光石火の申し子
2010/10/09 13:23
はじめましてこんにちは。
大変良い写真で、登呂遺跡の画像を、学校の教材に転用させていただきたくご報告させていただきました。
総帥
2014/05/14 18:38
総帥さん、はじめまして。

本当に学校の教材に利用されるのでしたら大丈夫です。
ただ、私の登呂遺跡の画像よりも、もっと良い画像もあるはずですので、一度他の所を見てからでも良いと思います。
電光石火の申し子
2014/05/14 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「福岡の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

2017年 福岡の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)

福知山の旅(2017年9月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
静岡の旅第10回「登呂遺跡」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる