電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎の旅第8回「中華街から天主堂へ」

<<   作成日時 : 2011/10/15 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

出島史料館を出て、中華街で食事をしようと私は新地中華街へ向かいました。ここでわたしはちゃんぽんを食べようと考えていたのです。

新地中華街は「長崎のリトルチャイナ」と呼ばれていて、中華料理店は勿論、中華の土産なども沢山並んでいました。この街は日本の三大チャイナタウンとしても有名です。

この新地中華街はお昼になると行列が出来るそうなので、私はお昼前に行く事にしました。そこでちゃんぽんを食べようとしたのですが、どの店も美味しそうなので迷いました。
すると、ある店で鱶鰭の料理があるのを発見しました。私はせっかく長崎に来たのだからここは鱶鰭を食べるのもいいかなぁと思いました。しかし、その思いも一瞬にして崩れ去りました。

と言うのも、鱶鰭の値段がとてつもなく高杉晋作だったのです。



4500円・・・



私は鱶鰭を諦めました。




鱶鰭は高いなぁ・・・



ようやく私はある中華料理店でちゃんぽんを食べる事に。ちゃんぽんと杏仁豆腐を注文してちゃんぽんを食べました。
店によっては違うのかも知れませんが、私が訪れた店のちゃんぽんはとにかく野菜がどっさり入っていました。どちらかというと野菜の方がメインだった気がします。でも味の方は美味しかったです。

ちゃんぽんを食し、杏仁豆腐も食べました。杏仁豆腐も美味しかったです。


中華街で満腹になった私は、次の目的地であるオランダ坂に向かう為、電車に乗って市民病院前駅で降りました。


画像

市民病院前駅から南東へ徒歩3分、オランダ通りに辿り着きました。


画像

これがオランダ坂。外国人が闊歩した居留地のある坂として知られています。

画像

昔、長崎の人は西洋人を「オランダさん」と呼び、居留地すべての坂道をオランダ坂と呼んだそうです。日本の坂100選にも選ばれている有名な坂です。なかでもこの活水女子大学沿いの坂が有名です。

画像

オランダ坂を登ると木造洋館が見えてきます。この建物は東山手十二番館で、外国人居留地時代に創設され、現在は私学の歴史に関する資料や当時使っていた家具等を展示しています。国の重文です。

画像

オランダ坂道を通って・・・

画像

反対側に辿り着きました。東山手洋風住宅群があります。この通りは洋風の家が数件並んでおります。GWに訪れた神戸の異人館を思い出しました。


画像

オランダ坂道から石橋駅に向かい、そこから大浦海岸通を通って南山手町の名店街に辿り着きました。ここでは長崎のお土産屋が沢山並んでいます。ここから大浦天主堂、そしてグラバー園に行く事が出来るのです。

画像

土産店で私はソフトクリームを買いました。枇杷とカステラとあったのですが、どちらも長崎の有名な食べ物なので迷い、カステラソフトを買いました。味の方はカステラというよりプリンに近い味がしました。


画像

南山手町と上に上ってようやく大浦天主堂に辿り着きました。この大浦天主堂は教会としては日本で唯一の国宝として知られています。

画像

大浦天主堂は、1864(元治元)年に創建された現存する日本最古の木造ゴシック様式教会です。世界史上有名な隠れキリシタン「信徒発見」の舞台でもあるのです。

画像

入場料300円を払って階段を昇ります。途中で記念碑を発見しました。キリスト信者発見百周年の記念碑だそうです。



大浦天主堂の中は撮影禁止です。浦上天主堂の時と同じく撮影禁止・静粛にする事が最大限のマナーです。私は、境内で約20分間に渡る大浦天主堂の歴史を座って聴いていました。
境内は今現在は一般の教会と同じ椅子で座る教会ですが、知り合いに聞いた話では昔は畳だったそうです。(これは昔の話なので、もし間違っていたらすみません)
音声ナビゲーションが終わり、私は境内で黙とうをして大浦天主堂を後にしました。



私は、次の目的地であるグラバー園に向かうのでした。



次回は、そのグラバー園の模様をお送りいたします。



<新地中華街のご案内>
長崎電気軌道:正覚寺下行の電車に乗って、築町駅を下車してすぐ。

中華街を紹介するページは

http://www.nagasaki-chinatown.com/


<オランダ坂のご案内>
長崎電気軌道:築町駅で石橋行の電車に乗り換えて、市民病院前駅を下車して徒歩3分。

<東山手十二番館のご案内>
長崎電気軌道:市民病院前駅を下車して徒歩8分。オランダ坂(活水女子大大学沿い)を歩いて5分。

開館時間:9:00〜17:00 入場料は無料で年中無休

<大浦天主堂のご案内>
長崎電気軌道:築町駅で石橋行の電車に乗り換え、大浦天主堂下駅を下車して徒歩6分。

開館時間:8:00〜17:45 入場料は300円で年中無休


ホームページは

http://www1.bbiq.jp/oourahp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「福岡の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

2017年 福岡の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)

福知山の旅(2017年9月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
長崎の旅第8回「中華街から天主堂へ」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる