電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎の旅最終回「長崎を訪れて」

<<   作成日時 : 2011/10/20 19:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

私の6年目の一人旅である長崎旅行を綴った日記も今回で最終回です。最終回は長崎を訪れて感じた事を綴ろうと思います。

私が長崎を訪れようと思ったのは、5年前の2006年(広島を訪れた年)の事でした。会社の先輩から「広島は一度訪れた方がいいぞ」と勧められ、私は広島を訪れました。
そこで私は、平和公園と平和記念資料館を訪れ、戦争の悲惨さと平和の大切さを感じました。その時、先輩の行っていた言葉の意味が分かりました。人間として生まれてきた以上、戦争の悲惨さを実際に訪れて感じなければいけないと思いました。広島を訪れて、「何時か長崎にもう一度訪れよう」と思ったのです。

その4年後の2010年、戦争終結65年の節目となる年だったので、この時に一度は長崎に行こうと考えましたが、この年は静岡でガンダムが登場すると言う事と、65年の節目の年となるので多分多くの方が長崎を訪れて混雑するだろうなと判断し、この年は静岡に旅行しました。

そして2011年の今年、ようやく念願の長崎の旅が実現できたのです。


まず、1日目はやはり平和について再び考えなければいけないと思い、原爆資料館等を訪れました。広島を訪れた時とはまた違った視点で平和について色々考えました。
その結果、またワンパターンかと思われるかもしれませんが、

戦争は絶対に風化させてはいけない

という答えが出ました。これは絶対に忘れてないけないし、守らなければいけないものであります。そして、この事は若い世代の人々にも必ず伝えなければいけないと思うのです。1日目はそう感じました。



2日目は長崎の歴史を少しでも知ろうと、数々の観光名所を訪れました。長崎の知られざる歴史を観光地を訪れて色々知りました。殉教地、そして大浦天主堂。そのほかにも長崎の文化等も1日を通して肌で感じ取る事が出来ました。

そして、稲佐山の1000万ドルの夜景。日本三大夜景の一つである稲佐山を訪れる事も長崎観光の理由の一つでした。夜景の大好きな私は、旅の締めくくりに最高の思い出を作ろうと思う存分輝かしい夜景を堪能しました。稲佐山の記事でも申しましたが、戦争終結前壊滅状態だった長崎の街が60年以上経った現在、こんなにも光輝く街に甦ったのです。
今年の3月、東日本大震災が発生しましたが、いつか東北地方にもこの輝きが再び甦る事を祈りたいと思います。


そして3日目は水辺の森公園。タツノコプロの世界展が開催されていて、50年のタツノコプロの歴史を一気に体験できました。昔懐かしい番宣ポスター等も生で観る事が出来たので、子供の頃タイムボカンシリーズ等を観て育った私にとっては嬉しい催し物でした。


3日目の午後、私は電車に乗って約5時間の列車の旅を終えて自宅に戻る事が出来ました。


画像

こうして、私の6年目の一人旅も無事終了する事が出来ました。2泊3日の旅でありましたが、私にとっては2泊3日以上の価値を得られました。これまで色々な所を訪れましたが、今回長崎を訪れて思った事や感じた事は一生忘れません。そして、自分が旅行を通じて体験した事をいつか誰かに伝えられたらいいと思います。


さて、来年の一人旅なのですが、今度は北海道か東北地方を訪れようかと今の所考えています。日本三大夜景の2つを訪れたので、この際函館を訪れて三大夜景を全部観ようと思いますし、東北地方を訪れて復興に向かう街を実際に訪れて色々な事を感じ取ろうと思います。

来年実現出来なくても、北海道と東北地方はいつか訪れたいなと思います。まだ先の話ですが、じっくり考えてみたいと思います。



最後に


この記事を入れて12回に渡ってお送りして来ました長崎の旅も今回で最終回です。文章的には私のただの日記ですが、12回に渡ってお付き合いして下さった皆様、本当にありがとうございました。




<これまでの長崎の旅>
見たい旅日記をクリックして下さい。

第1回「念願の長崎の旅」

第2回「平和について再び考える(前編)」

第3回「平和について再び考える(中編)」

第4回「平和について再び考える(後編)」

第5回「長崎の夜」

第6回「日本二十六聖人殉教地」

第7回「出島史料館」

第8回「中華街から天主堂へ」

第9回「グラバー園」

第10回「念願の稲佐山」

第11回「水辺の森公園 〜タツノコプロの世界展〜」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
執筆お疲れ様でした。記事を通して楽しめました。
来年は、北海道または東北を予定されているようですが、交通手段は飛行機かな?または、寝台特急北斗、東北新幹線はやぶさとか考えるだけで楽しいですね。(ひとりよがりかも?)
函館山からの夜景も、今ではロープウェイで手軽に行けるようになったので、観光客も凄いかもね?今から十分リサーチして有意義で楽しい旅行を計画してしてください。(丸尾くん風に)問題は、お金と日程の確保できるかがカギでしょう!?
フリーダム
2011/10/23 10:17
フリーダムさん、こんにちわ。
来年実現できるかどうかは分かりませんが、一応北海道か東北を考えています。
多分交通手段は飛行機になると思います。ただ、飛行機はちょっと苦手なのでどうしようか考えています。
あと、飛行機を利用する事を想定すると多分10万円以上は絶対掛かるので、今から1ヶ月1万円ずつ貯めて行こうかと思います。

まだまだ先の話ですが、しっかりリサーチして今度の旅行も楽しい旅行にしたいですね。
電光石火の申し子
2011/10/23 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
長崎の旅最終回「長崎を訪れて」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる