電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 名作博物館第1回「ザ・ライダーマシン」

<<   作成日時 : 2011/10/26 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

ついに始まりました名作博物館。記念すべき第1回は1990年代末から2004年にかけて発売された食玩「ザ・ライダーマシン」を紹介します。

画像

1997年頃、フィギュアブームが到来し、フィギュアの専門雑誌が次々と発売されました。超合金やポピニカも復活し、ゲームセンターの景品もマニアックな物が登場しました。
そんな1990年代末、ライダーファン狂喜の食玩が発売されたのです。その食玩こそこの「ザ・ライダーマシン」なのです。これまでにもライダーマシンの食玩が発売されて来ましたが、ここまで完成度の高いライダーマシンの食玩はこのザ・ライダーマシンが初めてではないでしょうか?

中でも驚かされたのが仮面ライダー旧1号と初期サイクロン号のラインナップ。これは衝撃的でしたね。この頃はダブルライダー=新1号、2号のイメージが定着しており、旧1号、旧2号は通なファンの方にしかまだ知らなかった時でした。そんななかでのラインナップだったので、驚愕したファンの方も多かったと思います。

画像

ライダーのフィギュアも完全彩色な上、出来も非常にいいです。バイクの方は組み立てる方式でした。そのまま組み立ててもOKでしたが、私は資料等を観て追加塗装していましたね。バイクの出来もバッチリです。

画像

後ろも文句無しです。ここまで出来のいい旧サイクロン号の食玩がかつてあっただろうか?第1弾は旧1号&サイクロン、旧2号&改造サイクロン、新1号&新サイクロン、V3&ハリケーンの全4種でした。勿論全部買いました。
小さい頃、ポピニカのライダーマシンシリーズを持っていなかった私にとっては感涙物でした。


それでは、過去に発売されたザ・ライダーマシンを作品順に紹介して行きましょう。



画像

まず、1号ライダーのライダーマシン。左から旧1号&サイクロン、桜島1号&改造サイクロン、新1号&新サイクロンです。桜島1号のラインナップも衝撃的でしたね。新1号の人形を改造サイクロンに乗せると、第2期ライダーシリーズの1号ライダーが再現出来ます。
そういえば、第2期の1号ライダーは何故改造サイクロンだったのでしょうか?未だに謎です。

画像

次に2号ライダー。左から旧2号&改造サイクロン、新2号&新サイクロン、ショッカーライダー&新サイクロン(ショッカーライダー仕様)です。一番左の旧2号は発売されていた物で、後の2台は私が新1号ライダー&新サイクロンに塗装を加えた物なので、発売はされていません。ショッカーライダーもちゃんと黄色いラインが入っていますね。

画像

第1期ライダーシリーズから。左からV3&ハリケーン、ライダーマン&ライダーマンマシーン、X&クルーザー、アマゾン&ジャングラー、ストロンガー&カブトローです。どれも素晴らしい出来ですね。アマゾンの体の模様も簡略されていないので、完璧です。

画像

スカイライダー&スカイターボ、仮面ライダーブラック&バトルホッパーです。第2期と第3期はこの2台だけ。スーパー1とZX、RXがラインナップされていなかったのが残念でした。

画像

そして平成ライダーシリーズ。まずはクウガの2台、トライチェイサー2000とトライゴウラム。クウガ人形の造形が違う所も大変凝っております。トライゴウラムのゴツゴツとした造形が味があって非常に良かったです。

画像

こちらはアギトのマシン。左からアギト&マシントルネイダー、G3−X&ガードチェイサー、ギルス&ギルスレイダー、アナザーアギト&ダークホッパーです。左の3台とアナザーアギトは発売時期が違っているので、アナザーアギトの方が若干サイズが大きいです。アギトはスライダーモードバージョンもありました。
アナザーアギト以外はアギト放送時に発売されたのですが、前の作品の出来が良かっただけに人形とバイクのサイズが小さくなったのが非常に残念でした。

画像

龍騎とファイズから。左から龍騎&ライドシューター、ファイズ(ブラスターフォーム)&ジェットスライガー、デルタ&ジェットスライガーです。この3台は非常に大きいので、人形のサイズが小さくても問題はありませんでした。ライドシューターは劇中同様ハッチが開きます。
ファイズのジェットスライガー、当時ラジコンが発売されていたのですが、とてもデカすぎた上値段が高かったのを覚えています。勿論購入していませんでしたけどね。

画像

これはザ・ライダーマシンシリーズではないのですが、一応彩色済みライダーマシン食玩として紹介します。これは2004年に発売された「仮面ライダーブレイドマシン」の3種類。左からブレイド&ブルースペイダー、カリス&シャドーチェイサー、ギャレン&レッドランバスです。レンゲルはラインナップされていません。この食玩も造形レベルが少しダウンしているのが気になります。
なお、この商品を最後に彩色済みライダーマシン食玩の販売はされなくなりました。2011年の今年までの7年間、新作が発売されていません。リアルな出来なだけに非常に残念です。



画像

このザ・ライダーマシン、いつか何らかの形で復活して欲しいですね。当時としては非常に出来が良かったので、今の造形技術でこのザ・ライダーマシンが発売されたら、多分人気が上がると思います。仮面ライダー40周年記念として復活して欲しいですね。バンダイさん、如何でしょうか?



今日はザ・ライダーマシンを紹介しました。名作博物館では過去に発売された、もしくは復活して欲しいフィギュアや食玩、ゲーム、そしてテレビ番組等を不定期に紹介して行きます。
なお、トレードや転売等は一切しておりませんので、トレードなどのコメントはお断りさせて頂きます。



次回紹介する過去の商品をモザイクで紹介します。

画像

ついに登場した13番目の炎神。


えっ、13番目?



と言う事は12番まで今までいたという事?



1〜12は一体誰?





もうお分かりですね。



次回は奴等が次元の向こうからやって来る!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
わぁ〜、随分出ていたんですね!
私が持っているのは、旧1号&サイクロン、旧2号&改造サイクロン、新1号&新サイクロンです。1、2号からV3までは、リアルタイム世代でしたので感慨深いものがあります。
今年の夏、断捨離する為に捨てようとしましたが、この記事を見て取って置いてよかったと思いました。(笑)
 カルビーライダースナックのカードに関する記事は書きますか?私はいまだに未定ですが・・・、すいません。
フリーダム
2011/10/26 21:30
フリーダムさん、こんばんわ。
この食玩はフィギュアブームの真っ只中に当時したので、マニアックなラインナップは衝撃的でした。好評だった食玩なので、是非とも復活が望ましいです。
ライダーマシンの他にも、ウルトラメカの食玩も同時期に発売されていましたが、これはまたの機会に紹介して行きたいと思います。

カルビーライダースナックのカードも復活して欲しい商品の一つです。5年前にライダーチップスRが発売されましたが、40周年を迎えた今年、これも是非復活して欲しいですね。
ライダーカードに関する記事もこの名作博物館で近々紹介する予定です。
電光石火の申し子
2011/10/26 22:12
仮面ライダーの食玩でここまで精密な物が出ていたのは知りませんでした。タイムリー世代にはたまりません。2期シリーズの改造サイクロンについてですが俗に言うタイプB、C型です。1期の9話撮影中事故を起こし再起不能と言われる程重大な事故だった事から人気も出て来た為、アクションしやすいオフロードタイプの車両の必要性と今で言うスーツアクターとバイクスタントマンへと変わりました。藤岡弘、は事故時点まで殆どを自身でこなしていました。これが真相です。御本人に聞いたので間違いありませんよ。
キングラオウ
2015/10/05 00:47
キングラオウさん、はじめましてこんばんわ。

この食玩は約17年前に出た食玩ですが、当時としては本当にハイクオリティな食玩でした。途中で終わってしまいましたが、復活を希望しています。

先週、掌動仮面ライダーVSが発売されたので、これを乗せられるバイクを是非出して欲しいですね。

藤岡弘、さんが仮面ライダーのスタントをしていたのはかなり有名で、本当に藤岡さんは凄いなを思いました。
40年以上経った今でも、自分の信念を貫き通されている方なので、感服します。藤岡さんの精神を次の世代の人が受け継いでくれる日が来て欲しいですね
電光石火の申し子
2015/10/05 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「明治村の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
名作博物館第1回「ザ・ライダーマシン」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる