電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 名作博物館第4回「マシンワールドの炎神達 PART3」

<<   作成日時 : 2011/11/21 22:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

マシンワールドの炎神達もいよいよあと3体。今回は古代炎神達と脅威の炎神合体を紹介して行きたいと思います。

画像

古代炎神達はダイナワールド(恐竜が繁栄していた時代のヒューマンワールド)を滅ぼしたホロンデルタールと戦い、これを封印する為に自分たちごと化石化した為に6500万年の眠りについたのです。
そして、現代に復活したものの、最初は暴走してしまいます。しかし、ゴーオンジャー達との出会いによって炎神の心を取り戻し、ゴーオンジャーの心強い味方になるのです。


10番目の炎神、キシャモス。蒸気機関車型の炎神で、古代炎神達の中心的存在。マンモスに似た性質を持ち、鼻からの蒸気やパワーを活かした戦法が得意。

最高速度は450km/h。パワーは1200万馬力。声の担当は無し。咆哮は「パオ」


画像

11番目の炎神、ティライン。新幹線型の炎神で機動力に優れている。ティラノサウルスに似た性質を持ち、この後紹介するケラインと共に噛み付くなどの攻撃を得意とする。

最高速度は550km/h。パワーは400万馬力。声の担当は無し。咆哮は「ガオ」


画像

12番目の炎神、ケライン。ティラインと同じく新幹線型の炎神で機動力に優れている。トリケラトプスに似た性質を持ち、ティラインとの連携攻撃を得意とする。

最高速度は550km/h。パワーは400万馬力。声の担当は無し。咆哮は「ギャオ」


古代炎神達は言語を発しない為、声の担当された声優はいません。コクピットにおいてはゴーオンレッドと炎神達の魂がシンクロする事により、意思疎通が成立するのです。


そして、この3体の古代炎神達は勿論炎神合体します。



画像

3体の古代炎神が合体してキョウレツオーになります。この形態は6500万年前には無かった形態だったのですが、走輔との心の絆が深くなった事によりこの形態になれたのです。

画像

また、3体の古代炎神達は列車型の炎神なので、列車形態で連結する事も出来ます。電王のデンライナーの玩具(または食玩)を持っている方は並べて遊ばせるのもいいかも知れませんね。






12体の炎神がついに集結。








12体の炎神が集結した時、脅威の炎神合体が起こる。













画像

脅威の炎神合体、その名も・・・











画像

エンジンオーG12!!

何と、12体合体するのだ!!


ゴーオンジャーは3年前の2008年に放送され、この時点ではスーパー戦隊シリーズ最多合体数記録を更新していたのです。(ちなみにエンジンオーG12が登場するまではボウケンジャーのアルティメットダイボウケンの10体合体)

その後、シンケンジャーのサムライハオーが11体合体でしたが、2010年のゴセイジャーのハイパーゴセイグレート(15体合体)に記録を抜かれてしまいます。


画像
画像

余ったパーツは一切無い完全12体合体。この脅威の12体合体に当時玩具やミニプラを持っていた方は驚いたと思います。特にDX版はサイズが大きいので迫力があったのではないかと思います。もし、玩具やミニプラを大切に保管されているのなら、3年前の興奮を甦らせてみましょう。



画像

ついに出揃った12体の炎神!!12体の炎神を写真に収めるのはこれで限界です。これは全部ミニプラ版ですが、かわいい炎神達が12体も揃うとやっぱり凄いですね。

彼等の魂は今、スピードルとべアールVの息子・マッハルコンに受け継がれるのです。


画像

「ヒューマンワールドを頼んだぜ、マッハルコン」
「任せておけ―、バリバリー!!」






さて、3回に渡ってマシンワールドの炎神達をご紹介して来ましたが、如何でしたか?ゴーオンジャーのミニプラを造った時、細かい所を塗装するのに苦労しました。また、この頃からつや消しの塗料を使用しました。12体の炎神を塗装するのはとにかく大変でしたが、無事に完成出来て本当に良かったです。





次回の名作博物館ですが、これまでモザイクで紹介しましたがすぐに分かってしまうので、今回から文章だけで予告をしますので、次の台詞から何かを当てて下さい。
なお、正解しても何も貰えませんのでご了承ください。


「自分の持ち物にはちゃんと名前を書かないと駄目よ」
「ママ、今ではそれをやると減点されてしまうよ」





果たして、何でしょう?次回をお楽しみに!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「明治村の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
名作博物館第4回「マシンワールドの炎神達 PART3」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる