電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 名作博物館第6回「ビックリマンシール」

<<   作成日時 : 2012/05/07 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今から26年程前、日本全国である社会現象が起こっていた。それは「ビックリマンシール」という物で、「悪魔VS天使シール」が大人気でした。
今回の名作博物館は、ビックリマンシールについて紹介しようと思います。

ビックリマンシールとは、1986年頃に発売された「ビックリマンチョコ」というお菓子にシールのおまけがついた物で、「悪魔VS天使」シリーズが大人気でした。私も、小学生の頃に集めていました。

画像

この様に、左から天使・お守り・悪魔の種類に分かれています。個性あるキャラクターが人気を博し、1987年頃には全国に拡大して社会現象となりました。

ビックリマンシールには、こう言ったノーマルシールの他に、「ヘッドシール」と呼ばれるシールも存在します。


画像

ヘッドシールとは、混入率が少ない今で言う「レア物」のシールです。ヘッドシールには、写真のホログラムの物と

画像

プリズムシールの2種があります。当時の小学生は、ヘッドシールを当てる為に毎日お菓子屋やスーパーに集結していました。
当時の値段が1個30円だったので、小銭を握りしめて毎日買い物に行ったのを思い出します。


当初は、余りにも売れ行きが良かった為、売り切れ店が続出しました。その反面、問題も発生しました。シールだけを保存してお菓子を捨てると言った問題や、シールを1枚1000円で売っていた人がいたりと問題が続出し、「ビックリマン禁止」の学校もあったほどでした。
40年ほど前に発売された「ライダーカード」の時も、この様な問題が発生していたみたいですが、ビックリマンはその再来とも言うべきでしょう。


また、ビックリマンシールのパチモン問題、通称「ロッチ事件」も発生しました。ロッチ事件とは、ビックリマンチョコの売り切れが続出したなか、1回100円のガチャガチャで登場したビックリマンのパチモンです。メーカーは不明ですが、ビックリマンシールそっくりのシールが出回っていたのです。

画像

この写真は本物ですが、パチモンには左上の「ロッテ」のマークが「ロッチ」になっていたり、本物ではホログラムのシールが、パチモンではノーマルシールになっていたりと色々な種類がありました。これを見た当時の小学生は、ロッチのマークを見て


「うわぁ〜、ロッチやー!!」

と悲鳴を上げていました。やがて、我々の間ではパチモンビックリマンの事を

「ロッチのビックリマソシール」

と呼んでいました。


パチモンが出回ってもめげずに本物を毎日のように集めていましたが、90年代に入ると突然熱が冷めてしまい、シールも集めなくなっていました。その後は、親戚の子供にあげてしまいました。今思えば大事に取っておけば良かったと少しだけ後悔していますが、小学生時代の良い思い出でした。


そういえば、先日北海道で知人宅に侵入してビックリマンシールを盗んで、勝手に転売した大馬鹿者がいましたが、本当に情けないですね。人間としてもコレクターにしても最低です。こう言った事が二度と起こらない様にして欲しいものです。


そんなビックリマンシールですが、先日から再び復刻しました。冒頭の写真は現在復刻されている「ビックリマン伝説チョコ」で、第1弾の悪魔VS天使シールが復刻されています。


画像

今回は「エンボスメタルシール」として復刻しています。裏面にQRコードが記載されていて、携帯電話で読み込むと、キャラクターのデータを見る事が出来ます。その上、ソーシャルゲームで遊ぶことも可能です。


画像

これが、エンボスメタルシールです。メタリックなイメージとなっております。今回は全部で40種類ラインナップされていますが、近日東日本先行で第2弾も登場するみたいです。生まれ変わったビックリマンシールですが、再びブームが到来しそうな予感がします。


これまで何度も復刻したビックリマンシールですが、懐かしさのあまりつい買ってしまいました。こういった昔の食玩が復刻すると言う事は非常に嬉しいですね。

今回は、そんな懐かしいビックリマンシールについて紹介致しました。



*今回紹介したビックリマンシールは全て復刻版ですので、当時のシールではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
名作博物館第6回「ビックリマンシール」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる