電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 杜の都・仙台の旅第4回「仙台城跡」

<<   作成日時 : 2012/10/12 22:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

仙台市博物館を後にし、いよいよ伊達政宗公の像がある仙台城跡へ向かいます。

画像

再びるーぷる仙台に乗り約10分、仙台城跡前のバス停に辿り着きました。この鳥居から中に入って行くのです。

画像

仙台城は、現在の宮城県仙台市青葉区(陸奥国宮城郡)の青葉山にある平山城であり、雅称は「青葉城」、「五城楼」との別名もあるそうです。2003年(平成15年)8月27日に国の史跡に指定されました。
慶長年間に伊達政宗公が築造してから、廃藩置県・廃城令までの約270年ほどに渡り伊達氏代々の居城であり、仙台藩の政庁であった。徳川家康の江戸城に次ぐ全国最大級の城でありました。

しかし、戦火によって殆どの建物は失われてしまいましたが、大手門脇檜や石垣が現在再建されています。敷地内の青葉城本丸会館には、青葉城資料展示館やみやげ処があります。


画像

本丸には宮城縣護國神社があります。


画像

私は毎年、旅行の時は珍しいソフトクリームを食すのがもはや定番となっておりますが、この日はまだ食していませんでした。ソフトクリームはありましたが、バニラなどのいつもの味のみでした。しかし、隣の店に「ずんだシェイク」という物があったので、私はずんだシェイクを注文しました。

画像

「ずんだ」とは、枝豆を茹でてつぶし、砂糖を加えた郷土料理です。ずんだ餅やずんだ饅頭、ずんだロールケーキなど、いろんなバリエーションがあります。牛たん、萩の月に並ぶ仙台の有名な食べ物として多くの方に愛されています。
そんなずんだをシェイクにしたのがこのずんだシェイクです。女性の方に人気があります。私も飲んでみましたが、豆本来の味わいがシェイクにマッチして、とてもひんやりして美味しかったです。



ずんだシェイクを飲んで、いよいよあの像とご対面します。




画像

これが仙台で最も有名な伊達政宗公の騎馬像です。

杜の都を見守るように建っていますね。流石仙台に名を轟かせた武将だけあります。


画像

第2回の瑞鳳殿の時にも説明致しましたが、伊達政宗公は、肖像画等を描く時は両目を描くようにと申しつけていました。これは、当時隻眼である事は不孝だった事から、政宗公の肖像画や像には両目が開かれています。なので、この騎馬像も両目が開いた状態で建っています。

画像

画像

画像

画像

画像

どうです、素晴らしいでしょう。この時は夕方だったので、正面の撮影は夕日が反射して来るので、少々青白い写真になっております。
騎馬像の前には、戦国武将隊の格好をしていた方が騎馬像のガイドをしていました。騎馬像の前で一緒に記念撮影も行っておりましたが、写真を写す時は「ハイ、チーズ」の代わりに「せーの、ずんだ餅!!」と言って写すのだそうです。
またこの騎馬像は、毎年11月14日に開催される「世界糖尿病デー」でブルーライトアップされています。



画像

画像

画像

画像

仙台城跡から眺めた仙台市の風景。絶景ですね。夜になるともっと綺麗な風景になるのでしょうね。
何処から眺めても素晴らしい景色でしたが、4枚目の写真の真ん中に注目して下さい。巨大な観音像みたいなのが聳え立っているのがお分かりでしょうか?最初、観音像にしては大きすぎだったので「幻でも見ているのか?」と思っていましたが、帰宅後にネットで検索してみたら仙台大観音である事が分かりました。

http://www.daikannon.com/

こちらにアクセスして下さい。


画像

画像

政宗騎馬像の近くには昭忠塔(金の鳶)がありますが、ブルーシートで覆われていました。これは、東日本大震災で根元から落下して倒壊してしまったのです。今現在でもこうしてブルーシートで覆われています。
東日本大震災で仙台市も被害がありました。大きな爪痕を残しているのが物語っています。私は改めて大震災の恐怖を知りました。多くの命や財産を一瞬にして奪ってしまう大地震。絶対に風化させてはいけません。




画像

仙台市の歴史と大震災の事を改めて知った私は、仙台城跡を後にしてホテルに向かうのでした。やはり、仙台に今回訪れて本当に良かったです。


最後に、仙台市の更なる発展を願って、みやげ処に掲げてあった横断幕と同じ言葉でエールを送りたいと思います。


画像


がんばろう仙台・宮城


伊達魂!!





次回は第5回「仙台市の夜」をお送りいたします。





<仙台城跡のご案内>

るーぷる仙台
JR仙台駅西口バスプールから乗車して約20〜30分間、「仙台城跡」バス停からすぐ。

見学は自由です。



詳しくは

http://www.sendaijyo.com/

にアクセスして下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
伊達政宗像、いいですねぇ〜! ずんだシェイクも美味しそう!?
私も震災直後のゴールデンウィークに行きましたが、前回紹介された仙台博物館など周辺の施設はすべて閉館、駐車場も閉鎖されていました。やもなくタクシー運転手の休憩場所のようになっている堀脇の道路に駐車し行ってみましたが、石垣の崩落が酷い為か「keep out」のテープが張られ奥には進めない状態で、伊達正宗像は見られませんでした。記事を読んでいつかはリベンジしてみたいと思いました。
伊達政宗像は、午前の朝方の時間帯にお顔に陽が差し込むので写真撮影する場合、狙い目なんだそうです。
お疲れ様でした。次回も楽しみにしてます。
フリーダム
2012/10/13 14:00
フリーダムさん、こんばんわ。

松島を訪問された時の記事、私も拝見させて頂きました。松島を訪問する事も検討していましたが、松島も宿泊施設は全て満室だったので、今度訪問する時は是非訪れてみたいです。

仙台城跡は今現在殆どの所が中に入る事が出来ますが、この記事で紹介した金の鳶等はまだ震災の爪痕が残っています。いつか復興出来るといいですね。

伊達政宗像は午前の朝方が狙い目ですね。仙台にはいずれまた訪れようと思うので、今度はもっと綺麗に撮ろうと思います。
電光石火の申し子
2012/10/13 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「明治村の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
杜の都・仙台の旅第4回「仙台城跡」 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる