電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンバインのプラモデル

<<   作成日時 : 2013/03/24 22:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

これまで、当ブログでは様々なプラモデルを紹介して来ましたが、今日はガンプラやミニプラ以外のプラモデルを紹介して行きたいと思います。
今回紹介するのは、「聖戦士ダンバイン」に登場したダンバインです。


画像

「聖戦士ダンバイン」とは、1983年に名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列で土曜17時半に放送されたサンライズ制作のロボットアニメで、これまでのロボットアニメとは少し違い、どちらかと言うと生物に近いロボットのアニメでした。
ミ・フェラリオと言う妖精が登場し、物語はファンタジー風の作品と言う印象でした。今年で放送30周年を迎えますが、30年経った今でも根強いファンの方々がいます。

ある夜、モトクロッサーを目指す青年、ショウ・ザマは愛車で街道を疾駆していた。その時、突然「オーラロード」が発生し、彼は「バイストン・ウェル」という陸と海の狭間の世界に召喚されてしまいます。
そこは中世ヨーロッパの様な異世界であり、彼を呼んだのはアの国の領主、ドレイク・ルフトであった。ドレイクはショウ・ザマを「聖戦士」として歓待した。オーラ力の強いショウと、トッド・ギネス、トカマク・ロブスキーの「地上人」を呼び寄せたのは、聖戦士たる力を奮い立たせる為でもあり、彼らをオーラバトラー「ダンバイン」を乗せる。

事情を知らないままギブン家の領地に攻める事になり、戸惑うショウ。そこにダーナ・オシーを駆る地上人、マーベル・フローズンが現れて彼に対してこう言い放つ。

「善悪の見境なしにドレイクに手を貸す馬鹿な男!」

この一言が、ショウの運命を大きく変えるのであった。


画像

今回紹介するプラモは、放送から16年後の1999年にHGにリニューアルされた時のプラモデルです。リニューアルされたダンバインのプラモデルは、プロポーションも本当に実物に近くなっております。
放送から30周年を迎えたので、せっかくだから記念に制作しようと今回購入しました。近々、ビルバインのプラモデルも買おうかなと思っております。

ダンバインは、ガンダムやマジンガーZ等のロボットに比べて、非常に小さいロボットです。ガンダムの中では一番小さいVガンダムよりも小さいです。

全高 6.9メット(メートル)
重量 4.4ルフトン(4.4トンと思われる)


ダンバインを始めとする「オーラバトラー」は、「オーラ力」が上がるほど真の強さを発揮すると言われていますが、オーラ力が上がり過ぎると、暴走してしまう恐れがあるらしく、制御できなくなると最悪の場合、自らを滅ぼす事になるそうです。その強大な力がやがて戦乱を巻き起こすのです。


画像

今回制作したダンバインは、殆どトップコートで仕上げ、一部塗装しました。と言うのも、ダンバインに合う塗料が無かったので、劇中と色が違ったらいけないので、トップコートで仕上げる事にしました。足の裏やコクピットは自分で塗装しました。


画像

ダンバインの武器、オーラソード。これは殆どのオーラバトラーに装備されている近接戦闘用の武器で、金属を使用した物であるが、殆どは恐獣の骨や皮革等を加工した物であります。
オーラ力が増大すると、「オーラ斬り」や「ハイパーオーラ斬り」が発動します。

画像

オーラショット。オーラバトラー用のロケットランチャーで、基本構造は地上の物と変わりないが、まれに搭乗者のオーラ力が作用する事もあるそうです。


画像

必殺、オーラ斬り!!


画像

ダンバインのコクピットは、クリアパーツで再現されており、コクピットの中が見えるのです。

画像

外すと・・・

画像

ちゃんとショウ・ザマが搭乗しています。


画像

「バイストン・ウェルの物語を、憶えている者は幸せである。心豊かであろうから。
私達は、その記憶に印されてこの地上に生まれてきたにもかかわらず、思い出す事の出来ない性を、持たされたから・・・。
それ故に、ミ・フェラリオの語る、次の物語を仕えよう・・・」

(*若本紀夫風に読んで下さい。)


画像

今回紹介したダンバインは、今から30年前の作品ですが、先日発売された3DSの「スーパーロボット大戦UX」にも登場しています。
原作を知っている方も知らない方も、是非ダンバインがどういう作品なのかを一度知ってみて下さい。


今回は、聖戦士ダンバインの前期OPテーマを共有致します。




あと、貴重な番宣もあったので、こちらも共有致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ビランビーが好き
おいらは
2013/06/05 02:01
ビランビーですか。ビランビーもなかなかカッコイイオーラバトラーですね。
今月8日にROBOT魂で発売されるみたいですよ。
電光石火の申し子
2013/06/05 20:39
買おうもん。


ダンバイン、ビランビーは持ってないけど、ビルバイン持っとった。
マジっすか!?マ
2013/06/05 22:30
マジです。

今月8日に5,775円で発売されます。詳細は魂ウェブのHPで掲載されていますよ。
電光石火の申し子
2013/06/05 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文


アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」



1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

2017年 福岡の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)

福知山の旅(2017年9月)

倉敷1泊2日の旅(2018年2月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ダンバインのプラモデル 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる