電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンオーブの感想

<<   作成日時 : 2016/12/24 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウルトラマンオーブも今日で最終回。果たして強敵マガタノオロチに勝てるのか!?

前回、マガタノオロチに敗れたオーブ。その上、目の前でナオミがジャグラーに斬られて呆然とする。東京はマガタノオロチによってほぼ壊滅状態だった。

倒れたガイの前にマトリョーシカが置かれていた。中を開けるとしょうもないいたずらが仕掛けられ、ジャグラーの声がした。

「ナオミはまだ生きている。助けたければ第3ふ頭に来い」

ガイは真っ先に第3ふ頭に向かう。一方、ジェッタとシンは瓦礫に閉じ込めらてたまま、車の中でマガタノオロチの弱点を探していた。古文書を見ていると、気になるところを見つけた。
マガタノオロチはエネルギーを吸収して復活したのだが、一部が神木によって阻まれ、不完全な状態になっていると言うのだ。

それに気付いた二人は直ちに全世界に向けて情報を発信した。一徹もそれをいち早くキャッチした。


ガイが第3ふ頭に向かうと、そこにはナオミとジャグラーがいた。ジャグラーはガイに対し、涙を流しながら

「俺達はこれまで色々な光景を見て来た」

と訴える。ガイとジャグラーはこの数年間、宇宙の光景を目の当たりにして来た。しかし、それらは最終的には暗黒に包まれたのだ。
ジャグラーは闇は永遠に消えないと言う。だが、ガイはそれを否定した。


ガイに対し怒りを露わにするジャグラー。ナオミは「やりたければやればいい」とジャグラーに迫る。ナオミはガイに対し

「私が死んでも、貴方のせいにしない」

と覚悟を決めた。

ジャグラーがナオミを襲おうとした時、墜落寸前のゼットビートルの1機が3人のいる所に落ちて来た。


そしてこの後、思いもよらぬ出来事が起こる!!


何と、ジャグラーがナオミを助けたのだった。驚愕するナオミ。ジャグラーも自分が何をした分からないまま呆然とする。
だが、これで終わりではなかった。

ナオミが何度も観たオーブの夢。前回の冒頭で自分を助けた男の姿が映っていたのだが、その正体は何とジャグラーだったのだ。
ナオミが見た夢はナターシャの記憶だったのだ。ナターシャが何故生きていたのか?それはジャグラーが咄嗟にナターシャを救っていたのだ!!

衝撃の事実に驚愕するガイ。そこでガイはジャグラーにも光が残っている事に気付く。

ジャグラーは必死に否定するが、ガイはじゃぐらーを殴るも「ありがとう」と礼を言う。


ジャグラーに光があると確信したガイは、二人を残し、オーブに変身してマガタノオロチに立ち向かう。


スペシウムゼぺリオンで戦うオーブ。続いてバーンマイトにタイプチェンジして戦った。だが、マガタノオロチも猛攻を繰り出す。
オーブはオーブオリジンに変身した。

今回の最終回は全てのフォームは披露しませんでしたね。

オリジンに変身したオーブはマガタノオロチと戦うが、やがてカラータイマーが点滅する。


すると、ビートル隊に救助されたジェッタとシンが駆けつけ、マガタノオロチに弱点を教える。マガタノオロチの弱点は顎の下だった。顎の下だけは不完全な状態だったのだ。それを聞いた一徹は全隊員に一斉攻撃を命ずる。

ビートル隊の一斉攻撃に怯んだマガタノオロチ。だが、オーブは戦う力を殆ど失っていた。


絶体絶命のその時、ジャグラーがオーブを救ったのだ!!ナオミの叱咤で目が覚めたのか、魔人態に変身してオーブの危機を救ったのだ。

ここに来てオーブとジャグラーが共闘した。ジャグラーの登場により、形勢が一気に逆転。二人のコンビネーションにマガタノオロチは次第に追い詰められる。
ジャグラーがマガタノオロチの動きを止め、「俺ごと撃て!!」とオーブに全てを託す。


一瞬ためらうオーブだったが、オーブは全てのウルトラ戦士の力を借り、最後の一撃を繰り出す。


オーブが借りていたウルトラ戦士が全員揃うシーンは鳥肌物でした。ベリアルだけ異様でしたが。


全ウルトラ戦士の力とオーブの力が一つになり、最大級の必殺技がマガタノオロチを倒したのだ!!その時、ジャグラーが「じゃあな」と言い、マガタノオロチと共に消えた。


戦いは終わった。マガタノオロチの脅威が去り、街には平和が訪れたが、それは同時に別れの時でもあったのだ。

ガイは

「この世界のどこかにまた危機が訪れている。」

と言い、ナオミ達にさよならを言わずに去ってしまう。だが、ナオミは

「きっとまた会える。だって地球は丸いもの」

と言って見送った。


夕陽と共に去るガイを、どっこい生きていたジャグラーも見送るのだった。



こうして、ウルトラマンオーブの物語は幕を閉じたのだった。



いやぁ、最終回は大いに盛り上がりましたね。特にジャグラーとの共闘は感涙物でした。ジャグラーも元々はガイと同じ勢力にいた人間。光に否定されても、その光は完全に失っていませんでした。
ナオミは薄々ガイが何者であるか気付いていたらしいが、結局オーブである事を明かさないまま終わりましたね。自分がウルトラマンであることを仲間達(防衛隊や周囲の人間も含む)に知られないまま最終回を迎えたのは今作品が初めてかも知れませんね。


この半年間、ウルトラマンオーブを視聴して来ました。当ブログでも何度も言いましたが、ウルトラシリーズは本当に世の中を見据えて制作しているのだと言う事を改めて知りました。
メロトン星人の言葉やギャラクトロンの回は本当に考えさせられました。大人の目線で観ていたら、これからの事を真剣に考えなければいけないと思いました。


ウルトラマンオーブが子供達の目にどういう風に写っていたのかが気になります。この作品を通じて、色々な事を考えて欲しいなと思います。



半年間にわたって放送されたウルトラマンオーブ。半年間、本当に素晴らしい作品に巡り会えました。今年はウルトラシリーズ50周年の節目の年でしたが、それにふさわしい作品だと思います。

半年間、ありがとうございました。



と言いたい所ですが、オーブの戦いはこれからも続きます。


近日、アマゾンプライムでオーブの前日談が限定配信されますし、3月には




劇場版が劇場公開されます。しかも、公開日が3月11日。

この日は絆の大切さを知った日。絆の力を借りてオーブは新たなる敵と戦うのだ!!


劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、お借りします

3月11日公開!!



公開までまだ3ヶ月ありますが、今はマガタノオロチとの戦いを終えたオーブにこう言いたい。


お疲れ様でした



と。


半年間、とても楽しかったです。ありがとうございました。





*当ブログの更新情報は、ツイッターでお知らせしています。
 (支店の更新情報は本店のなうでもやっています)

また、当ブログのツイッターでは、ブログ以外の気になる情報をリツイートしておりますので、併せてご覧下さい。

ツイッターのフォロー、宜しくお願い致します



<迷惑行為をし続ける幼稚軍団へ>

当ブログでは

○ブラックリストに掲載されている人間のコメント
○不適切なコメント
○記事に即していないコメント
○宣伝目的だけのコメント
○ブログへの誘導目的のコメント

は、ブログの内容問わず、承認せずに削除する。 

これらのコメントが1通でも来た場合、その時点で即座に

警察に通報する!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「2016年 横浜の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ウルトラマンオーブの感想 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる