電光石火の申し子のホビーダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒーローは一生をかけて背負う物

<<   作成日時 : 2017/06/05 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から2週間前に出た記事ですが、これは非常に大事な事なので今回はその事について書こうと思います。

2週間前、何気なくネットを観ていたら、藤岡弘、さんの記事が出ていました。その見出しが


「ヒーローは一生をかけて背負う物」



でした。

一体どんな事を言っているのか気になったので、その記事にアクセスしました。

藤岡さんはヒーローについてこう語っていました。なお、記事はポストセブンの記事を引用しています。


「何事も初めてっていうのは苦難がつきものだけど、『仮面ライダー』は誰もヒットするなんて予想していなかったですよ。

だから撮影も工事現場みたいなところを使って、満足に揃わない機材で始まったんです。予算もないからスタントマンもいなくて、すべて自らやらざるを得ない状況でした。仮面をかぶると視野が狭くなって、遠近感がなくなる。

その状態で高いところから飛び降りたり、崖っぷちを二輪車で走ったりするのでけがも絶えなかった。新境地を求め、すべてにハングリーな状況のなか、オーディションでやっと得た役ですから、逃したくない。命をかけ、必死でした。

実際バイクがスリップし数十メートル吹き飛ばされてしまって生死を彷徨った事もありました。戦線離脱の間は、僕がショッカー退治のためヨーロッパに行った設定となり、仮面ライダー2号・佐々木剛君が登場してくれた。その時、バイクに乗れない佐々木くんによって変身ポーズが生まれ、僕が復帰した時は、1号と2号がダブルライダーとして揃って、最高視聴率をマークしたわけで。全部「災い転じて福となす」なんです(笑)。

ノースタントを貫いたのは僕自身、幼少期に鞍馬天狗を見て感動した原体験があったから。子供の番組だからといって馬鹿にしちゃいけません。」



藤岡さんは仮面ライダーに出演された事を赤裸々に語っていました。藤岡さんの仮面ライダー関連のインタビューは何度も目を通していましたが、何度目を通しても藤岡さんの想いが伝わって来ます。

それだけ自分の出演していた作品に命を懸けていたと言う事でしょう。


インタビューの最後に、藤岡さんはこう仰っています。



「子供こそが未来をつくる“宝”。子供は純粋ですから、その時の感動を一生持って生きていきます。だからそのカギを握るヒーローも一生かけて背負っていくべきだと思います。

僕の時代と今の時代は違うから押しつけるつもりはない。でも、私は今も己磨きの旅の途中。まだまだ未熟者なので、これからが僕の俳優としての真価が問われるなと思っています。」




正しくその通り!!



これは本当に大事な事ですね。子供は国の宝をよく言われていますが、子供達の純粋な心がこれからの未来を作って行くのでしょうね。


だからこそ、そんな子供達の夢を守らなければいけないんです。




特に



ヒーローは一生をかけて背負う物





は本当に大事です。ヒーローを演じた以上は、人間としてもヒーローとしても子供達のお手本として行かなければいけません。


実際にヒーローを演じた俳優は、「一部の人間を除いて」それを忠実に守っています。

藤岡さんや宮内洋さんの様に、常に自分は子供達の夢を背負っているんだと言う気持ちを持ち続けなければいけません。



今回の藤岡さんのインタビューはそれを改めて認識させられました。


ただ、この言葉をもっと早く言ってくれれば、あの低脳借金ヒーロー男やマネージャー暴行俳優も真っ当な人生を歩んでいたに違いないですね。

そう思うと、藤岡さんは正に本郷猛そのものだなと感じました。



ヒーローを演じた俳優もそうですが、それを観て育った我々も藤岡さんの言葉を胸に秘めて生きなければいけないと思います。



今回のインタビューで本当に考えさせられました。




本日もご訪問いただき、誠にありがとうございます。



*当ブログの更新情報は、ツイッターでお知らせしています。
 (支店の更新情報は本店のなうでもやっています)

また、当ブログのツイッターでは、ブログ以外の気になる情報をリツイートしておりますので、併せてご覧下さい。

ツイッターのフォロー、宜しくお願い致します。


https://twitter.com/hobbydiary2638


*インスタグラムでお送りしている「電光石火の申し子の1枚の写真館」

併せてフォロー、宜しくお願い致します。


https://www.instagram.com/hobbydiaryphoto2638/




<迷惑行為をし続ける幼稚軍団へ>

当ブログでは

○ブラックリストに掲載されている人間のコメント
○不適切なコメント
○記事に即していないコメント(余程の事が無い限り)
○宣伝目的だけのコメント
○ブログへの誘導目的のコメント
○嫌がらせ・誹謗中傷・脅迫及び犯罪に直結するコメント

は、ブログの内容問わず、承認せずに削除する。 

これらのコメントが1通でも来た場合、その時点で即座に

警察に通報する!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブロでも開設しています。


2013年11月1日にアメブロ版に本店を移転しましたので、趣味に関する記事をご覧になりたい方は、こちらのアメブロ本店にアクセスして下さい。
私のなうを見る事も出来ます。

新・ホビーダイアリー

ツイッターのフォローも宜しくお願い致します


ホビーダイアリーのツイッター

インスタグラムでお送りしている「1枚の写真館」


1枚の写真館

ホビーダイアリーを訪問された方へ


コメント・トラックバックを送信される方は、下の「コメントを送信される方へ(改訂)」を送信される前にお読み下さいますよう、ご協力をお願い致します。

コメントを送信される方へ(改訂)

2013年1月18日から、コメント・トラックバックの掲載基準を厳しくして行きます。詳しくは下の項目を必ず読んで下さい。

コメント・トラックバックを送信される方へ

お知らせ


右サイドバーに「福岡の旅」を貼り付けました。

これまでの旅行記


2006年から始まった私の旅行体験談をフリースペースに貼り付けます。これから旅行に行かれる方々の参考になればと思います。
広島体験談から順に貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

2006年 広島の旅

2007年 松本の旅

2008年 岡山の旅

2009年 名古屋の旅

2010年 静岡の旅

2011年 長崎の旅

2012年 仙台の旅

2013年 金沢の旅

2014年 高松の旅

2015年 原点回帰の旅

2015年 シルバーウィークの旅

2016年 横浜の旅

2017年 福岡の旅

1泊2日シリーズ


姫路1泊2日の旅(2015年8月)

岡山1泊2日の旅(2016年2月)

岐阜1泊2日の旅(2016年6月)

名古屋1泊2日の旅(2016年9月)

伊勢・鳥羽1泊2日の旅(2017年3月)

明治村の旅(2017年5月)

福知山の旅(2017年9月)


これまでの名作博物館


過去に紹介してきた名作博物館の記事をフリースペースにまとめました。

これまでの名作博物館


平和について考える


戦争が終結して65年以上経ちます。広島・長崎に原爆が落ち、街があっという間に壊滅してしまいました。
65年以上経った今でも、心の傷は消える事はありません。この出来事は次の世代に必ず伝えなければいけないのです。

当ブログでは過去に訪れた広島・長崎の旅行体験談の中から、原爆資料館等に訪れた時の記事をサイドバーに貼り付けます。

私が実際に訪れて感じた事を綴っております。皆さんも平和について考えてみましょう。

広島体験談

「第2回 平和について考える(前編)」

「第3回 平和について考える 後篇)」

長崎の旅

「第2回 平和について再び考える(前編)」

「第3回 平和について再び考える(中編)」

「第4回 平和について再び考える(後編)」



東北地方の皆様へ


2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年10月に仙台を訪れた時の旅行記をここにまとめておりますので、是非クリックして下さい。

東北地方の皆様へ

熊本県の皆様へ


2016年4月に発生した熊本地震で被災されている方々の無事、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ヒーローは一生をかけて背負う物 電光石火の申し子のホビーダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる