超古代の巨人、再び

ウルトラマントリガー.jpg

今年はウルトラマン55周年の節目の年ですが、その節目の年に相応しい作品が今日発表されました。





その名も





ウルトラマントリガー





NEW GENERATION TIGA






です。





25年前に放送された「ウルトラマンティガ」を受け継ぐ作品として発表されました。

世界観を引き継ぐのかはまだ明らかになっていませんが、設定はティガを彷彿とさせる設定になっております。



「令和版ウルトラマンティガ」と呼べる作品で、このトリガーも3タイプにチェンジします。






トリガー マルチ.jpg

ウルトラマントリガー マルチタイプ。



バランスの取れたタイプで、これがトリガーの基本フォームだと思われます。




トリガー パワー.jpg

ウルトラマントリガー パワータイプ。



その名の通り、力づくの戦法で敵と戦います。






トリガー スカイ.jpg

ウルトラマントリガー スカイタイプ。



こちらはスピードを駆使した戦法で相手を翻弄します。





3000万年前、闇の力との戦いの末、悠久の眠りについていた光の巨人。光を継ぐ主人公「マナカ ケンゴ」と一体化し、地球の未来のため再び、怪獣災害、そして闇の力に立ち向かうと言うストーリーで、「GUTS SELECT」と言う防衛チームも登場します。



変身アイテムも「ガッツスパークレンス」とティガの要素を取り入れているアイテムになっています。



ケンゴを演じるのは、ボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂頼我氏です。





現時点で明らかになっているのはここまでですが、YouTubeの方ではPVも公開されています。

なかなかカッコいい映像になっているので、続報を待つしかありませんね。





ウルトラマントリガーは7月10日にテレビ東京系列で朝9時に放送されますが、この日は何と55年前にウルトラマン前夜祭が放送された日。



ウルトラマンの日と言ってもが込んでない日です。



55年の節目の年のウルトラマンの日に新ウルトラマンが誕生する。



これは全くの偶然なのか狙っていたのかは分かりませんが、素晴らしい演出をしてくれる円谷プロには大きな拍手を送りたいです。





と言う事で、7月10日までまだ時間は有りますが、ウルトラマントリガーの登場を期待して待ちましょう。








本日もご訪問いただき、誠にありがとうございます。



玩具・模型は必ず正規の値段で販売している正規のお店で買いましょう。
転売屋からは決して買わない様にして下さい。あと、転売屋を助長させる行為も辞めて下さい。


毎週水曜日はネット(パソコン・スマホ共に)をしない「No ネットデー」を行っております。
その中で、毎月第二水曜日はパソコンの更新の為「完全Noネットデー」とし、その日に寄せられたコメントの承認と返信は、申し訳ございませんが翌日まで保留とさせていただき、翌日に承認・返信をさせて頂きます。

毎月最終週の金曜日は、パソコンのメンテナンスを行うので、その間はブログの更新とブログ・SNSに寄せられたコメントの承認・返信はメンテナンスが終わるまで保留とさせていただきます。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、皆様のご理解とご協力をお願い致します。





当ブログの更新情報は、ツイッターでお知らせしています。


また、当ブログのツイッターでは、ブログ以外の気になる情報をリツイートしておりますので、併せてご覧下さい。

ツイッターのフォロー、宜しくお願い致します。


https://twitter.com/hobbydiary2638




インスタグラムでお送りしている「電光石火の申し子の1枚の写真館」
*インスタグラムのご訪問は、インスタグラムに一度ログインして下さい。


https://www.instagram.com/hobbydiaryphoto2638/





<迷惑行為をし続ける幼稚軍団へ>



当ブログでは



○ブラックリストに掲載されている人間のコメント

○不適切なコメント

○記事に即していないコメント(余程の事が無い限り)

○宣伝目的だけのコメント

○ブログへの誘導目的のコメント

○嫌がらせ・誹謗中傷・脅迫及び犯罪に直結するコメント



は、ブログの内容問わず、承認せずに削除する。 



これらのコメントが1通でも来た場合、その時点で即座に



警察に通報する!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント